2009年01月31日

ご招待ライブその2

ジェフの娘のジェニー・マルダーから連絡があってデイビッド・バーンのコンサートに招待された.デイビッドも会いたがってるしという事で渋谷のAXへ行って来た。
思いのほか客が少ない.横浜はチケットが売れなくてキャンセルされたと聞いていたので心配していたが(人のライブの入りを心配するより自分のを心配しろ!ごもっともです)ここでも最近のライブ状況の厳しさを知る。でも開演直前にはそこそこ一杯になって一安心.ただ客層がほとんど40歳以上,もしかしたらもっと上かも。若い人にとってデイビット・バーンやイーノはもう過去のものなのか?そんな事を思って居たらメンバーがゾロゾロと出て来てライブはあっけなく始まった。結果から言うとデイビッドらしい良いライブだった。僕は長いギターソロとか、延々間奏が続くようなライブは好きじゃ無いし,ボーカルにコーラスが絡むのが好きなので、短い曲で間奏も少なくコーラスのふんだんな彼のライブは僕にぴったしだった.曲目はサイコー・キラーをやらなかったくらいで他の知られている曲はほとんどやった.トーキング・ヘッド時代の曲から最近のイーノとの曲まで正にベスト・オブ・デイビッド・バーン。バックバンドのメンバーもパーカッションを入れてリズムを強化しているが,元ソウルコフィンのマークのキーボードに名前は忘れたがとても良いベース、それとバーンのギターと言うシンプルな編成。それにジェニーを含めた3人のコーラス隊。マークのキーボードとパーカッションが的確なサポートで素晴らしかった。それとバーンのギターソロがエーッと思うくらい良かった。シンプルなリズムのカッティングやちょこっとマーク・リボやエイドリアン・ブルーぽい変態がかったソロが思いのほかシンプルなバンドサウンドの中で生きていて、ギタリストとしての彼を見直した。ただ何曲目からか3人のダンサーが登場。例のバーンのふにゃふにゃダンスっぽい振り付けの入ったダンスやバレーっぽい動きのダンスを披露。これは好き好きがあると思うが、僕はときどき煩わしかった。ただこれはデイビッドの考えるトータルのライブパフォーマンスなんだろう。
3回のアンコールも含めてサービス満点の良いライブだった。
posted by 麻田 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月28日

ライブ三昧/BBBBとスタントン・ムーア

ここのところライブの招待をいただいたのでまたライブ3連ちゃんとなった。最初は26日のサムズアップでのGalacticのドラマーStanton Mooreと日本のニューオリンズスタイルのブラスバンドのBlack Bottom Brass Bandの競演。のっけからスタントンのドラムとBBBBのタイトな音に驚く.リハはやったのだろうけどそんな次元の話では無くパーマネントなグループかと思わせるほど意気がぴったり。また何年かぶりに見たBBBBも以前にもましてパワーが増したようだ。それと以前感じたブラスバンドにありがちなきちっとまとまった音というよりグルーブ優先と言ったサウンドに変わって来たような気がする。お客の乗りも悪くなかったけどあれはやっぱりバンドのグルーブに乗せられたと言うべきだろう。例によってバンドがコールアンドレスポンスを要求して掛け合いが始まったがこれは以前に大阪で見たときの方が凄かった。そこら辺は関西パワーが一枚上手だが、でもサムズのお客さんも凄くリラックスしてライブを楽しんでいた。こういう形でどんどん日本のバンドと海外のバンドがコラボレーションして行くのが増えると良いな。
posted by 麻田 at 17:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月15日

マーク・リボとマッコイ・タイナー

この間マーク・リボが矢野顕子のバックで来日した時(僕は見れなかったがドラマーは確か最近Tボーンバネットお気に入りの人でベースの奥さんとのリズム隊
は聴きたかった)最近マッコイ・タイナーとCDを作ったと言ってたので聞きたいと思っていたら、オーディオ仲間の新年会にベラマッチャ和田君が持って来てくれた。Derek Trucks, Bela Fleck, Bill Frisell, John Scofield, Marc Ribot, と言った一癖も二癖もあるギタリストのタイナーとの共演.まあベラはバンジョー弾きだけど彼だってもうとっくにバンジョーと言う楽器の枠を超えて活躍中だから別にここに入っていても何ら違和感は無い。
リズム隊は Ron Carter とJack DeJohnette.の二人.それにギタリスト達が絡む。こういう自分とは畑違いだけど尊敬する人とのセッションをやれる人達って良いなあと思ってしまう。コルトレーン・バンド時代の曲もやっていてベラのコルトレーンそっくりのソロは聞き物だし,それぞれのギタリストの持ち味も出ている。例のクロッパーとキャバリエといい、おじさん達の新しい物に挑戦する姿勢って良いなあ。去年は大物年寄りロッカーのライブが話題だったけど、去年の暮れにこのコンセプトでNYでライブがあったみたいでマークはそれに出るんだと言っていたがそれは見たかったな。お爺さんとしては他のおじさん達やお爺さん達が元気なのには勇気づけられるんだよね.今年もがんばらなくっちゃ。
posted by 麻田 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記