2008年11月26日

ジェフ&エイモス、オーティス・クレイ/ライブアルバムCD化

1979年のジェフ&エイモスと1983年のオーティス・クレイのライブ盤がCDで再発された.この2枚は僕がプロデュースしてユピテルレコードで発売したアルバムのCD化だ。
初のオリジナル紙ジャケでの発売だ。(ジェフとエイモスは以前にジャケットをエリックヴォンシュミットによるTシャツ用のイラストに変えてCD化されたことがある)。
ユピテルレコードはすでに倒産して無いので今回はユニヴァーサルレコードから発売された。僕個人としては特にオーティスの方に思い出がある。確かこれはオーティスに取って4回目のツアーであの衝撃的な日本でのデビューから5年を経てお客さんのメンフィスのハイリズムセクションでオーティスを聞きたいと言う要望に応えてやったツアーだ.チャールス/オルガン、リロイ/ベース、ティーニー/ギターのホッジス兄弟にハワード・グリムス/ドラムと言うあのハイの黄金時代を支えたリズム隊にシカゴで活動していたホーンセクション.多分あの当時考えられる最強のメンツでのライブだった。このライブCDについては鈴木啓志さんの解説を読んでもらえると良いと思うが,僕に取って一番思い出すのはサザン・オールスターズの名曲エリーをオーティスに歌ってもらった事だった。レイ・チャールスがレコーディングするずっと前で、当時は日本の曲を外人アーチストに歌ってもらう等事などあまりなかったから正直言って歌ってもらえるか心配したがオーティスは快くやってくれた。僕の友人の英語詩の聞き取りなどをやっていたリンダさんに頼んで訳詞してもらい彼女の友人であった桑田君のお姉さんを通して桑田君の許可をもらった。そのお姉さんが最近亡くなった。そして偶然にこの時のツアー中に札幌の空港でサザンとすれ違った。二人はほんのちょっとしか話すことができなかったが桑田君も喜んでくれていた。
そんな事で何かと因縁めくが僕にとっても懐かしい思い出のレコードがCD化された事は嬉しい。良かったら聞いてみてください。
ジェフ・マルダー&エイモス・ギャレット/ライブ・イン・ジャパン UPCH-20119 \2100,
ライブ・アゲイン/オーティス・クレイUPCH-20122/3 \3800

 
posted by 麻田 at 13:47| Comment(1) | TrackBack(0) | music

2008年11月18日

クレア・マルダー

小さい頃から知っているジェフの娘クレアが、あんな素晴らしいCDを作った事に実はちょっと驚いた。まあ、こだわりのジェフ・マルダーの娘だからそのうち何かをやるだろうとは思っていたけれど期待を遥かに超えるできだった。輸入盤でも随分と売れたようだがうるさがたの音楽ライターも絶賛しているアルバム「The Movie」は、トリフォーの映画にインスパイアされたと言うだけにヨーロッパ的なテイストだけど、やっぱりバーバンク風にも聴こえる摩訶不思議なサウンドだ。この秋発売になった日本盤のボーナストラックのTears for Fearsの大ヒット曲ルール・ザ・ワールドは秀逸。ヴァン・ダイク・パークス、スフィアン・スティーブンス、異母兄弟のジェニー・マルダー等それぞれが渋いけど好サポートをしている。マルダー家とは仲の良いウェインライト家の子供達(息子:ルーファス・ウェインライト、娘:マーサ・ウェインライト)には遅れをとったが、これでジェフもほっとした事だろう。このところ、ジェームス・テーラーの息子(ベン・テイラー)、リトル・フィートのローエル・ジョージの娘(イナラ・ジョージ)と二世アーティストの活躍が目立つが、それぞれ親の七光りではなくしっかりと自分を持ってるのがたのもしい。
クレアがアルバム「The Movie」の世界を、独特のバンド編成で、どういう風にライブで表現してくれるか今から楽しみだ。みなさんお見逃しのないように。
posted by 麻田 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | music