2008年09月16日

スティール・ギター

先日古くからの友人の諸星兄弟が参加しているカントリーバンドを聞きに赤坂へ行ったのだが(兄はテレビでコメンテーターをやっていて、弟は今上映中のレス・ポールの伝記映画などを配給している会社に勤めている、この映画すごく面白いのでぜひご覧になってください)そこでこれまた古い友人の野坂氏にあって以前日記にも書いたライ・クーダーのスティールギター好きの事やバック・オーエンスの事を話した。実は僕自身スティールの事はあんまり良く知らなくてあたかもビグスビーが最初のスティールギター製作者の様に書いてしまったが実はラップスティールはフェンダーの方が早く発売してたという事を野坂氏に指摘されてしまった。レオフェンダーはそのスティールを元にエレキギターを作ったという事も教わった。(もしかしてこれって常識?)という事はリッケンバッカ−なんかももビグスビーより早いのかなあ?ビグスビーはメカ好きだったという事をどこかで読んだことがあったのでスティールギターは彼が開発したと思っていた私の勘違いでした。訂正します。
確かにペダルスティールはビグスビーが開発したらしいが今となってはそれも確かではない。出来ればどなたか簡単なスティールギターの歴史を書いてください。それにしてもカントリー、ハワイアン、果てまたベトナムのキム・シンさんまでスティールの音色ってなぜか郷愁を誘うと思いませんか?
そんな音が聞けそうなコンサートが10月3日に吉祥寺の曼荼羅2であるそうです。出演は駒沢&田村のスティールギタープレーヤーズ。詳しくは
http://www.myspace.com/gentamuraまで。
posted by 麻田 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月10日

3614 Jackson Highway

古い資料を整理していたらこんな写真が出て来た。多分ダニー・フリッツの家に泊めてもらった時に彼がくれた写真だ。南部サウンドが好きな方ならここが最初のマッスルシュオールズスタジオがあった所だと分ると思う。確かシェールのソロアルバムがこのスタジオの最初のセッションで、ジャケットにもスタジオの前で撮られた写真が使われていたはずだ。プロデュースは以前に日記に書いた事のあるジェリー・ウエクスラー,エンジニアがトム・ダウトだったと思う。ダスティー・スプリングフィールドのダスティ・イン・メンフィスと並んで当時のアトランチックレーベルのというより多分ジェリーの作戦で(もしかしたらアーチストが南部サウンドを希望したのかも知れないが)有名シンガーの南部レコーディングのハシリだった。
この写真はダニーのProne to leanと言うアルバムのときの写真だと言っていたから1974年だ。左からトニージョー、ダニー、クリストファーソン、ジョン・プラインとダン・ペン。皆若くて特にダン・ペンは随分とスリムだ。
僕はダニーにここへ連れて行ってもらって写真を撮ったのだがそれは見つからなかった。その頃はクラブだったか練習スタジオになっていて中には入れなかった。こんなメンツでライブが出来たら最高だなとずっと思っている,もちろんバックはマッスルシュオールズのミュージシャンだ。何人かは亡くなったがダニーの体調の良い時にぜひやりたいと思っている。出来るかな?


posted by 麻田 at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月07日

小さいスピーカー

この間メインのスピーカーのクオードを師匠1に預けて代わりにロジャースのLS3/5Aをもう一人の師匠2から借りて来て今はそれで聞いているのですが,以前師匠1からお借りしたpentachordと言うこれも小さなスピーカーを(もしかしてこういうのはブックシェル型と言うんですか?)並べて聞き比べている。イヤー,小さなスピーカーも良いですね。前はそんなに思わなかったのですがpentachordが凄く良いのです。以前はクオードのESLの陰に隠れていたからか,それともちゃんと聞いていなかったせいか,今になってその素晴らしさに感激しています。Eddi Readerとか、ノラジョーンズといった女性シンガーが特に良いです。もちろんLS3/5Aも良いですよ。こういう小さいスピーカーをleakで聞いたらどうなるのか試したくなってしまった。こうなったら長年の夢であるJR-150を聞きたいな。BBさん一度聞かせてください。師匠方そういう事で楽しんでおります。ESLが戻るまで十分楽しめそうです。
posted by 麻田 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記