2008年07月29日

ライ・クーダーとカントリー

ミュージックマガジンの8月号にライクーダーのインタビューが乗っていた。五十嵐正君がインタビュアーなので的を得た質問で面白かった。
中でもライが今回のCDのインスピレーションはホンキートンクだと断言しているのを読んで嬉しくなった。
細野君といいライといい皆カントリーが好きなんですよ.皆さんもっとカントリーを聞きましょう.特に5、60年代のカントリーを。

さてライのインタビューだがかなり専門的なので少々解説を。
まず日本のほとんどの人がホンキートンクと言う言葉の意味を知らないと思うのでカントリーミュージック・ファンが増える事を願ってそこら辺をもう少し
解説したいと思う。
ホンキートンクとはいくつかの意味があるのだがライが言っている意味のホンキートンクはカントリーミュージック,カントリーソングの事だ。ただこれは昔風の言い方で今はあまり使わなくてカントリーソングなどと言う。もう一つの意味のホンキートンクとは労働者が集まる場末のバーや安レストランの事で良くそういう所でそこでカントリーのバンドが演奏していた、いわゆるブルースで言う所のジュークジョイントと同じで、主に南部や南西部の人達がそういう場所をホンキートンクと呼んでいた。そしてもうひとつの意味はカントリースタイルのピアノの演奏スタイルの事でホンキートンクピアノと呼んでいる,これはトンクと言うピアノメーカーから来ていると言う説もあるが先に書いたバーや安酒場で演奏するラフな演奏と言う意味もある。ただ最近は安いアップライトピアノの事をそう呼ぶ人も居る。

さて今回のライのインタビューだが僕個人としては3つの点に興味を引かれた.先ず彼が聞いていたカントリー・ミュージックについて.二つ目がステイール・ギターについて.そして最後の一つがカントリーのソングライター達についてだ。

先ず最初のカントリーソングだが、彼は1947年生まれだから彼がカントリーを良く聞いていたという6才から10才の頃は1953-1960年頃になるのだが,ハンク・ウイリアムスが亡くなったのが1953年だ。その頃彼が良く聞いていたと思えるホンキートンクは多分ハンク・ウイリアムス,ハンク・スノー、レフティ・フリゼル、ウエップ・ピアーズ、レイ・プライス、ジョニー・ホートン、ジム・リーブス、ファロン・ヤング、ジョニー・キャシュと言った人達だろう。まあ当然その時代より前の人達も聞いていたと思える。また彼が育ったウエストコーストのカントリーのハンク・トンプソン、ファーリン・ファスキー,マール・トラヴィズそして60年代のバック・オーエンズ、なども当然聞いていただろう。ライの事だからこういったビッグネーム以外にもかなり渋い所を聞いていた可能性はあるし,彼が好きだと言っているインストルメンタルもジミー・ブライアントとスピーディ・ウエストを始めとしてマール・トラヴィスなどは当然聞いていたと思う。ライは以前に何曲かカントリーソングをレコーディングしているがジョニー・キャッシュのHey porter,とGet Rhythm,ハンク・スノーのYellow Roses,ジム・リーブスのHe'll have to go.彼がレコーディングした多くのブルースに比べて遥かに少ない。60年代までは完全なカントリーや白人系のルーツ・ミュージック少年(青年)だったのにどうしてだろう?いつかライに聞いてみたいテーマだ。

さて次のスティ−ル・ギターについて,メル友の紅豹さんからライがステール・ギター好きでそれもビグスビーを使っている人が好きと聞いていたが、僕の以前の日記にヤスさんが書いてくれた様にビグスビーを使っているプレーヤーのはかなり限られる。ビグスビーは確かそんなにたくさんのステ−ルギターは作ってないと思うのだが(そうですよね紅豹さん)そうなるとかなりプレーヤーも限定される,だからライが名前を挙げているジョニー・ヒューイ(Jhon Huey),ジミー・デイ(Jimmy Day)ホアキン・マーフィー(Joaquin Murphy)と言った人達は数少ないビグスビー・プレーヤーだと思う.スティール・ギターに関してはあまり詳しくないので間違っていたらヤスさん、 cnioさん紅豹さん訂正してください。先ずジョニー・ヒューイだが僕はあまりこの人の事は知らない.ハンク・トンプソンのバンドにいた事くらいしか知らない.彼のバンドだから当然ウエスタンスイングを演奏していたのだろう。ジミー・デイはレイ・プライスのチェロキー・カウボーイズで活躍した後ウイリーネルソンのバックもやっていた人でCrazy armsやheartaches by the number 他の一連のヒットで一躍人気ものになったレイプライスを陰で支えた人だ。チェロキーカウボーズにはCrazy Arms を書いたラルフ・ムーニーやドン・ヘルムスと言った素晴らしいースティールギター奏者がいたがたぶんライが聞いていた頃はジミー・デイだったのだろう。そして最後がホアキン・マーフィー(ライはこの人の名前をもじって息子につけたのでは)この人の事もあまり知らないが多分この人が最初にビグスビーにステールをオーダーしたとどこかに書いてあった.その後バド・アイザックとかいろんな人が注文をする様になったと言う事だ.Spade Cooley のバンドで演奏していたと言うからこの人もウエスタン・スイング系なのだろう確かスペードクーリーのオクラホマ・ストンプは彼だったと思う。この人はずっとカリフォルニアにいたと言うからライは生で彼を聴いたことがあるのかもしれない。

さて最後のテーマだが僕にとってはこれが一番興味があった。マール・トラヴィス、ハーレン・・ハワード、ウイリーネルソン、ジョニー・キャッシュと言った名前だ。全てカントリー界のシンガーソングライターだ。(ハーレンはワードも何枚かアルバムを出している)マール・トラヴィスはドック・ワトソンが息子にマールと名前を付けた事でも分る様にミュージシャンに彼のファンが多い。dark as the dungeon ,16-tons と言った一連の炭坑の唄で有名だがテックス・ウイリアムスと書いたSmoke Smoke Smoke that cigarets ,No Vacancyと言ったノベルティーぽいもの曲ある.彼も確かロスに住んでいたのでライは生演奏を見たことがあるのかもしれない。ハーレン・ハワードは僕の大好きなソングライターだ.前の日記のも書いたが彼は数多くのヒットソングを書いてるが僕の個人的な意見としては物語を作るのがうまい.いわゆるヒットソングだから3分間で完結しなければ行けない訳だがその話の持って行き方が凄くうまい。そしてウイリー・ネルソンだがもう今や大スターの彼がソングライターとして食うや食わずの生活をしていたなんて今の人は知らないだろうな。レイ・プライスのナイト・ライフが最初のビッグヒット.それが縁でレイのバンド、チェロキー・カウボーイズにベース・プレーヤーとして入りその後も曲を書き続けビリー・ウオーカーの"Funny How Time Slips Away" ,ファロン・ヤングの "Hello Walls" ロイ・オービソンの"Pretty Paper" パッツイ・クラインの"Crazy" とヒット曲を書き、最終的にソロ歌手としてデビューするのだが、この人の曲も発想が面白い。ジョニー・キャッシュは映画にもなっていて、もう説明のないほど有名だがライは彼の曲を2曲もレコーディングしているのでそうとう好きなのだろう。こうして見てみるとライ・クーダーの好みのソングライターは先ず詩の発想が面白くて曲がシンプルで優れたメロディーメーカーである事の様に思える。

と言う事でライも細野君も好きなカントリーミュージック.皆さ−ん.もっとカントリーを聞きましょ
posted by 麻田 at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月24日

バック・オーエンス

クリス・ヒルマンとハーブ・ペダーソンのツアー以来バック・オーエンスの事が気になっていたところボックスセットが出ているのを知って買った。
ボックスセットと言うのは値段的には高いのだが中にブックレットが入っていて今まで知らなかった事がたくさん書いてあるのでついつい買ってしまう。
今回もあたらしい発見がいくつかあった。
多分僕がバック・オーエンスを最初に聞いたのはFENでかかったunder your spell againが最初だったと思う.多分1959年か60年、彼の最初のビッグヒットだ。
ナシュビルでなくウエストコーストはロスアンジェルスの北、ベーカースフィールドから出て来たカントリー・シンガーと言う事で雑誌などでも取り上げられて、かなり注目を浴びていたのがバック・オーエンスだった。その後その流れはマール・ハガードそしてドワイト・ヨーカムへと続いて行く。
ベーカーズフィールドがあるSan Juaquin Valleyは大恐慌の時代に多くの仕事を求めた人達が(ほとんどはお百姓だったが)オクラホマ、テキサス、アーカンソーと言った州から移って来た場所で、彼らの楽しみのひとつがカントリーミュージックだった。そういう事でバック・オーエンス以前にもベーカーズ・フィールドにはウイン・スティアート、トミー・コリンズ(ハンサムで当時日本でもかなり人気があった。確かかまやつさんもトミーの漬け物娘もしくはピックル娘?を歌っていたと思う)と言ったカントリー・シンガーがいたがベーカーズフィールド・サウンドと言う確固たるものを確立したのはバック・オーエンスだ。
その頃、僕の音楽的興味はカントリーやブルーグラスからフォークへ代わっていたので、カントリーはFENでしか聞かなくなっていた時期だったが
そのunder your spell againの後,ビートルスも取り上げたAct NatulallyそしてLoves gonna live hereを聞いた時は、それまでのカントリーにはなかったかっこ良さみたいなものと驚きをを感じた。多分それはナッシュビル製のカントリーにない乾いた都会的な歯切れの良い音だと思ったのだろう。
なぜかは分らないが僕が当時好きだったカントリー・シンガー達はワンダ・ジャクソン、ファーリン・ハスキー、トミー・コリンズといったウエストコーストの人が多かった.彼らは皆キャピタルレコードの専属だった。キャピタル・レコードは初のウエストコーストのレーベルとして40年代にソングライターのジョニー・マーサー等によって設立されたレーベルだ。50年代からマーケット的に大きくなったカントリー畑にも進出して来た.
ただ他のほとんどのレーベルがナッシュビルでレコード製作したのにキャピトルのカントリーレコードははケン・ネルソンと言うプロデューサーのもと
ロス・アンジェルスで作られた。ケン・ネルソンは先にあげた人の他にハンク・トンプソンやたぶんマール・トラヴィスなどのプロデュースもしている。
例のハリウッドにあるトウモロコシみたいな形をしたキャピタル・タワービルの中にある(確かではないが多分)スタジオでレコーディングされたのだと思う。
ケン・ネルソンはトミー・コリンズのバックでエレキを弾いていたバック・オーエンスを気に入り数々のレコーディングセッションに彼を使った。
当時ナシュビルと違ってロス周辺でカントリーを演奏できるプロのミュージシャンは少なかったらしく(ジミー・ブライアントとスピーディ・ウエスト.マール・トラヴィス等は別だが多分スタイルが確立されていて使いにくかったのだと思う)、歌手ファーリン・ハスキーなんかもレコーディングでリードギターを弾いていたと言う。ケン・ネルソンはバック・オーエンスに単なるバック・ミュージシャン以上の才能を感じて彼をキャピタルレコードでカントリー・シンガーとしてデビューさせる.それがunder your spell againとなったのだ。
それ以後バック・オーエンスは立て続けにヒットを出し60年代をを代表するカントリーシンガーとなった。最初は彼自身がリードを弾いていたようだが若いドン・リッチがバンドに加入しエレキとフィドルそれにトレードマークのハイパートハーモニーをする様になり,ベイカーズ・サウンドを確立し、カーネギーホールでも演奏するくらい名実共にカントリー界のビッグスターとなった。僕自身は70年代半ばにバックの日本ツアーで司会兼ロードマネージャーとしてツアーに参加した。確かその時はもうドン・リッチは亡くなっていて女性のフィドラーがついて来た,多分彼女はバックの2番目の奥さんになった人だと思う。made in Japan と言うヒット曲の後だったと思うが若干ラスベガス風のショーにちょっとがっかりした事を覚えている。
もう一つこのボックスセットでよく分かったのが、僕が好きなソングライターのハーレン・ハワード(Harlan Howard)との事だ。
実はハーレン・ハワードの事を最初に知ったのもバック・オーエンスのアルバムBuck Owens sings Harlan Hawardだった。ハワードの最初のヒット曲はチャーリー・ウオーカーのPick Me Up on Your Way Down。その後はレイ・プライスのHeartaches By The Number、パツイ・クラインのI Fall to Pieces,ボビー・ベアーのStreets of Baltimoreと数えきれない。数年前に亡くなったハーレン・ハワードはナッシュビルを代表するソングライターだったが、50年代は誰も彼の書く曲に興味を示してくれずソングライターとして身を立てようとロスアンジェルに向かった.カントリーソングのライターならナッシュビルだと思うのだが当時ナシュビル周辺には産業がなく食べて行く為にはロスの方が仕事があると思いロスに移住したらしい。そしてそこでバックと知り合い一緒に曲を書く様になった。ただ二人の共作でのヒットは以外と少ない。
チャーリー・ウオーカーやレイ・プライスのヒットでハーレンは念願かなってナシュビルに移って行くのだが,彼がソングライターとして売れる前、彼の曲をバックの出版社で買い取ったりと経済的にも援助をしていたようだ。
このボックスセットは1964年までのものなので多分もう一枚というかもう1ボックスセットが発売されると思うがやはり買ってしまいそうだな。
これを書いてる時にミュージックマガジンにライ・クーダーの記事が載っていると言うので読んだが,彼も僕と同じような少年時代を送っていたようなので(作家ハーレン・ハワードやウイリー・ネルソンにも触れているしホンキー・トンクについても書いている)次はそれについて書こう。
posted by 麻田 at 20:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月22日

アーティ・トラウム

アーティー・トラウムが亡くなった。僕が初めて彼とあったのは67年のNY、イージー・ヤングのフォークロー・センターだから随分と長く彼を知っていた事になる。当時エリック・カッズやマーク・シルバー達とやっていたThe Bearのライブも見たことがある。その当時からいつもニコニコしている印象があって,そういえば彼が怒ったとこを見た事がないなあと夕べ思った。マッドエイカーズ、ハッピー&アーティーで3回,そういえばリヴィングストン・テイラーと一緒に来た事もあった。いつも日本に来る事を楽しみにしていて来日前には,あのレストランはまだやっているかとか、こういうものは何処に売っているんだ?とか聞いてくる。この間のツアーの時も僕の友人とトラウム兄弟夫婦で中華を食べに言ってのだが翌日電話をかけて来て、昨日のレストランの名前と電話番号を知らせてくれもうすぐ日本に来る友人がいるから教えてやるんだと言っていた。そういった人に対する気配りを持っていた人だった。それにしても最後になってしまった2006年のツアーから1年半。去年ウッドストックであった時も元気だったのに。同じ世代の人が亡くなるって辛い。こういう事があるとやっぱり”聞かずに死ねるかシリーズ”は続けて行かなければといけないのかなと思ってしまう。ハッピーから彼の追悼の集まりが24日の2時からウッドストックで行なわれると言うメールが来た。急なのでその場に集まれない方も多いと思うが,出来ればその時間にアーティーの事を思って欲しいと書いてあった。日本では25日の早朝
だから、24日の夜に彼のCDを聞きながら飲もうと思う。
posted by 麻田 at 14:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記