2008年05月22日

ツアーこぼれ話(ヒルマン&ペダーセン)その2

グラム・パーソンズはフロリダという南部生まれだが、大金持ちの息子として生まれハーバード大学へ入学するという彼の経歴の中にサザンソウルの入る余地は無かったと僕は思う。プレスリーを聞いてミュージシャンになりたいと思った彼だが、その後はフォーク、カントリーへと音楽の趣向を変えて行く訳だけど、ジェームス・カーやOV・ライトをあの当時彼が聞いていたとは考えられない。ダン・ペンやスプ−ナー・オルドハムはアラバマの地元で黒人音楽が好きだったから当時黒人しか聞かないそこら辺の音を聞けたのだと思う.(ダン・ペンが当時黒人音楽のラジオ局ばかりを聞いていたと言っていた)つまりよほど黒人音楽が好きでないとそこまでしてその手の音楽を聞かなし聞けないと言う事だ。つまり当時は完全に白人と黒人の聴く音楽は違っていたと思う
確かに当時の南部のスタジオであるフェイムもアメリカンもマッスルシュオールズもミュージシャンはほとんど白人だ.それは彼らが黒人音楽好きの若者達である程度の音楽的な教育を受けていたから出来たのだと思う。
だから多分ラジオから流れてくるカントリーに関してはグラムは聞いていたと思う.それが後にカントリーロックとして出てくる訳だけど,
ソウルは別物だ.ましてやサム・クックやオーティス・レディングだったらまだ可能性はあるがジェームス・カーやOV・ライトはもっと地味な存在だから。グラムがどうしてそういうテープを持っていたのかはクリスも知らなかった。謎は深まるばかりだ。
posted by 麻田 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月21日

ツアーこぼれ話(ヒルマン&ペダーセン)

flying burrito brothers のことでずつと気になっていたことがあったのでクリスに聞いてみた。彼らのアルバムの中にダン・ペンのDark end of street,とDo right womanが入っているのだが、これはなぜ入ったのだろうか?というのがずっと気になっていた。当時ウエストコーストのそれもブルーグラスやカントリー好きの若者がどうしてサザン・ソウルの曲を取り上げたのか?。Flying Burrito Brothersのデビューが 69年。僕は多分スプーナー・オルドハムがその頃ウエストコーストに出てスタジオで活動し始めた時期だと思っていたので多分彼を通して知ったのだと思っていたのだが、そうではなかった。『実はグラム・パーソンズはいろんなテープを持っていて、その中にソウルなどもあって特に彼はスローなソウルが好きだったんだ。その中にああいった曲が入っていてそれでやる事にしたんだ』グラムがソウル好き。初めて聞いたな。あの当時日本はもとよりアメリカでさえサザンソウルそれもジェームス・カーを聞いてる人はほとんど居なかったのではないかと思う。ダン・ペンがプロデュースしたbox tops のレコードが出たのは67年だがカントリー好きの彼らは聞いていなかったそうだ.アレサのDo right womanが出たのもほぼ同じ時期だったと思うが、それだってそれほど話題にならなかったと思う。
うーんそれにしてもグラム・パーソンズ恐るべし。
もう一つ驚きの情報、
そのDo Right WomanをプロデュースしたJerry Waxlerの奥さんがクリスの奥さんのお姉さんという話.だからクリスはジェリーからそのアレサやそのほかのソールシンガー達の話をいっぱい聞いた事があるそうな。なんという偶然。

ついでに僕の情報.今度の25日の日曜日に渋谷のJZ Bratで僕らのウエスタン・スインング・バンド、マディグリーブスとゲストのトミ・藤山さんのライブがあります.この日はいろいろなイベントが重なっていて苦戦しています.ぜひ日曜の夜をカントリーミュージックでお過ごしください。詳しくはhttp://toms-cabin.com/で。
posted by 麻田 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月03日

Jz Jamboree

第一回 Jz Jamboree 開催のお知らせ
古くからの友人でYMOで一斉を風靡した細野晴臣氏の新しいCDのテーマが40年代のカントリーと言う事で巷ではカントリーって何?と言う事になってるらしい。”カントリー音楽に決まってるじゃん”って思っている方は多いと思いますが、やはり今の若い人達にとってカントリーやブルーグラスはは遠い存在なのです。
そこで私がやっているトムス・キャビンのコンサート・シリーズ”聴かずに死ねるか”でも,カントリーやブルーグラスを取り上げようと思い,まず結成50周年で最近一部ですごく盛り上がっているカントリー・ジェントルマンのバンジョー・プレイヤーだったエディ・アドコックのツアーをやりました。
この企画の話を聞いて昔僕がラジオ関東でやっていたラジオ番組のディレクターで今はFM番組の制作、JZ BRATと言う渋谷のライブハウスのブッキング等、音楽畑で仕事をなされている浮田さんと言う方が、それなら毎月やれば良いじゃないと言ってくれました。
と言う事でそのJZ BRATでカントリーのライブをやることにしました。
タイトルはJZ Jamboree.基本的に隔月の日曜日にやって行くことになります。
最初は僕らのバンドマディ・グリーブスがホストです。僕らはウエスタン・スイングをやります。そしてその第一回目のゲストはあのトミ・藤山さん。ずっとカントリーを歌っていらして最近はジャズなども歌っている大ベテランで大先輩です。まさに聞かずに死ねるかです.
ぜひ、生のカントリー&ウエスタンを聞いてみてください。
その後もあっというような企画を考えています。ご期待ください。

JZ JAMBOREE
期日:2008年5月25日(日)
場所:渋谷 Jz Brat
時間:開場17:00 開演:18:00
料金:前売り\3000 当日\4000
ご予約、お問い合わせ 03-5728-0168
posted by 麻田 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music